青汁を学ぼう!『Aojiru School』

青汁なのにレモンってなに?

みなさんは青汁の味と言われてどんなものを想像しますか?
苦い、青臭い、良くても濃いお茶…
そんな中で、非常に革新的な味の青汁が発売されました。
株式会社グリーンハウスから発売されている、「レモンの青汁」です。

名前から想像出来るように、レモンの味がする青汁なんです。
ベースはケールで作られていて、青汁に含まれる食物繊維やカロテンなどの栄養素ももちろん含まれています。
この青汁の特徴的な点は、それに加えて更にビタミンCが摂取出来る点です。
ビタミンCは現代日本人に不足しがちな栄養素で、必要量を摂取するにはレモンを10個食べなくてはならないと言われています。
しかし、青汁と一緒に摂取することで、その成分を取ることができます。
ビタミンCは美容に非常にオススメです。
青汁というと、年配の方が飲んで健康を保つものというイメージがありますが、これは、いままでの青汁にはなかなかなかった、若い女性をターゲットにしたものだと言うことができます。

ケールは大分県産の無農薬有機栽培のものを使用しているため、安心して飲めることも魅力的です。