青汁を学ぼう!『Aojiru School』

妊婦は青汁を飲んでも大丈夫?

美容や健康、ダイエットに良いと多くの方が利用している青汁。
豊富な栄養を含む魅力的な青汁は、栄養不足の解消や体質改善にはもってこい!
ですが、そんな青汁は、妊婦さんこそ飲んでほしいということはあまり広く知られていません。

青汁と妊婦さんというと意外な組み合わせに思われる方も多いでしょうが、青汁には妊婦さんやそのおなかの胎児の健やかな成長には欠かせない成分が入っているんですよ。
今回は妊婦は青汁を飲んでも大丈夫?という疑問にお答えします。

妊婦は便秘になりやすい

経産婦の方ならよくご存じでしょうが、妊娠中に便秘に悩まされる妊婦さんは非常に多く、ひどい便秘になった結果、切れ痔やいぼ痔になったりするなどのトラブルが起こることも多々あります。
なぜ妊婦さんが便秘になりやすいかというと、妊娠中に活発に分泌される女性ホルモンの働きによって腸の中の水分が少なくなってしまうため、便が固くなり排出されにくくなってしまうと言うのが大きな原因の1つです。
また妊娠初期にはつわりが起こり、食事を満足に摂れなくなることで便の量が減って便秘になる方も少なくありません。
さらに妊娠初期は流産、後期になると早産のおそれから運動不足になりやすいこと、不安や心配などのストレスなども便秘を引き起こします。
妊娠が進んでおなかが大きくなってくると、おなかが腸を圧迫し、血行が悪くなるために腸の動きも鈍くなってしまうことも多いな要因です。

このように妊婦さんは常に妊娠期間中は便秘になりやすい状態なのです。

妊娠中の便秘改善には青汁が一番!

そんなときには、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を含んだ青汁がとても効果的。
食物繊維には、便の量を増やして腸を刺激し蠕動運動を促す「不溶性食物繊維」と、溶けてゲル状になりスムーズに便が動くようにすると同時に善玉菌のエサとなって腸内環境を改善してくれる「水溶性食物繊維」の2種類があります。
青汁はこの2種類の食物繊維をバランスよくふくんでいるので、便秘改善効果が高いのです。

青汁なら、つわりの時期も食べられる食材に粉末を振りかけて混ぜ合わせたり、飲みやすくスムージーにして飲むなど、手軽に食物繊維を摂ることができますよ。

妊娠中に青汁を服用して便秘解消された良い話を見つけたので、紹介しておきます。

もともと、青い野菜はあまり好きではない私。
粉末とはいえ、青汁特有の臭みに抵抗感があったので、毎日、えがおの青汁を牛乳やヨーグルトとミックスして飲むようにしていました。
青汁を飲みはじめて3日目に自然な便意があって、量は少ないもののわりとスルッと出たんです。
そして5日目。
朝、布団の中にいるうちからお腹がグルグルしていたのでトイレに行ってみると、久しぶりにカサのあるものがどっさり出て、お腹がすご~くスッキリ。
久しぶりに味わうことができたあの爽快感は本当に気持ち良かったです。

引用元:妊娠中の便秘に青汁!痛みなく自然にどっさり出た!【青汁LAB】

妊娠中に必要な葉酸もたっぷり

妊娠中、おなかのなかでは活発に胎児が細胞分裂を行っています。
このときに不可欠なのが葉酸です。
ビタミンB群の水溶性ビタミンである葉酸は、胎児の神経管の先天異常の発症リスクを抑える効果があることが判明しています。
厚生労働省も妊娠前・妊娠初期は葉酸を1日当たり0.4mg摂取することを推奨しています。
また、妊娠中は妊婦さんは貧血になりがち。
葉酸には悪性貧血を防いだり、妊娠中毒症を改善する効果もあるため、胎児のためだけでなく母体にも必須の栄養素となっています。

青汁には、この妊婦さんに不可欠の葉酸もしっかり含まれているので、食事にプラスして青汁を飲むことで、妊娠中の胎児や母体にかかるリスクを大いに軽減できるのです。

妊娠中に飲む青汁選びのポイント

妊娠中は、食べたもの・飲んだものすべてがおなかの赤ちゃんにも影響すると考えて選んで食べなければいけません。
今ではいろんなメーカーから様々な青汁が発売されていますが、無農薬やオーガニックのものを選ぶと安心ですね。
また余計な添加物が入っていないかも忘れずにチェックしましょう。
さらに気を付けなければいけないのがカフェインが入っている青汁です。
最近では妊婦さん向けのノンカフェインの青汁も販売されているので、妊娠がわかったらノンカフェインタイプのものに切り替えるのが無難ですよ。

妊娠中は、妊娠前と味覚や好みが変わることが多々あります。
いくらおなかの赤ちゃんや自分の体に良いといっても、自分に会わない青汁を我慢して飲むのは精神衛生上かなりのストレスとなってしまい、結果的におなかの赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうかもしれません。
それを防ぐために、自分が飲みやすい青汁をいろいろ試して選ぶことがおすすめです。
また自分が飲みやすいと思った青汁でも、毎日同じように飲んでいると飽きてしまうこともあるので、さまざまな食べ方や飲み方を探して、楽しんで青汁を摂取するようにしましょう。

青汁は薬ではないので、青汁を飲むことによる副作用を心配する必要はありません。
ですが、いくら体に良い・おなかの赤ちゃんに良いといっても、一日の規定量(※1)を越えて飲むことはお勧めできません。
また摂取方法によっては体を冷やしてしまうこともあるので、青汁を摂るときにはその点も注意してくださいね。
※規定量は、青汁の種類やタイプによって異なるので、商品情報をご確認ください。

妊婦さんこそ青汁を飲んでほしい理由はわかっていただけたでしょうか。
青汁のもつ成分や効果は、まさに妊婦さんのためのものといっても過言ではありませんね。

妊娠が判明してから青汁を飲み始めても決して遅くはありませんが、葉酸は妊娠前から摂っておく方が胎児のためには良いものです。
妊娠を希望している女性は、妊娠がわかる前から青汁デビューしておくとさらに安心ですよ。

自分ひとりだけの体じゃない妊婦さんだからこそ、妊婦に必要な栄養素がたっぷり入った青汁を毎日楽しくおいしく飲んで、健やかな妊娠期間お過ごしください。